« iPS詐欺 | トップページ | 他人のBlog記事を自分の論文に無断転用 »

2012/10/13

Book:ソロモンの偽証・読了

分厚い三巻本を読み終えた。前回このブログに第1巻を読んだ時の紹介を書いたが、その時はもう三巻本すべて出てるのかと思っていた。
しかし、実に適切な間隔を置いての発行で、ようやく今日、三巻目を読了した。

どうなるんだろうと、ドキドキしながら読むことができたので、この続きにはネタバレがあることを予告しておく。

といってもあらすじを紹介するわけではない。幾つかの感想を記しておく。

一風変わった法廷小説である。
中学生が主人公であり、その中学生の世界における法廷だ。

登場人物の誰かの目を通して叙述されるのだが、それがわりと自由自在に動くので、今、誰の目を通して見ているのだろうと迷うことがある。野田くんと佐々木礼子刑事の場合が多いように思うが、涼子ちゃんの場合もあるし、法廷で「誰かの顔をチラッと見た」という叙述は一瞬戸惑う。

マスコミの描き方については、ややステレオタイプかなぁという感じが拭えない。また警察も。ただ、それらは脇役に過ぎず、それで良いのだろう。

ま、そんなとこで。

|

« iPS詐欺 | トップページ | 他人のBlog記事を自分の論文に無断転用 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/55879992

この記事へのトラックバック一覧です: Book:ソロモンの偽証・読了:

« iPS詐欺 | トップページ | 他人のBlog記事を自分の論文に無断転用 »