« Book:フリーター、家を買う | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復に係る訴訟制度案のパブコメ・再び »

2012/08/06

nuk:アホらしい東電のテレビ会議記録公開

企業の不祥事対応のコンサルさんが言うには、事実を小出しにしたり、隠蔽しようという意図が見え透いたりする情報公開は最悪だということである。

東電がこれまでやってきたことは、まさにこの最悪の不祥事対応なのだが、国有化された今に至ってもなお、隠蔽体質丸出しで、その事だけは隠そうともしない。

日経新聞サイトで見た東電のテレビ会議記録の公開ビデオを見た感想は、この期に及んでの隠蔽体質を改めて見せつけられたというものだ。
「大変、緊急事態」東電が事故直後のTV会議映像公開

日経サイトでは、8つのビデオファイルが公開されている。

「東電、3号機爆発時の会議映像公開」3/14一部のみ音声あり
「東電、「退避」で議論(1)映像公開」3/14音声あり
「東電、「退避」で議論(2)映像公開」3/14音声あり
「東電、「退避」で議論(3)映像公開」3/14音声あり
「東電、2号機減圧議論の映像公開」3/14音声あり
「東電、1号機爆発時の会議映像公開」3/12音声なし
「東電、菅氏来社時の映像を公開」3/15音声なし
「東電、「海水注入」議論の映像公開」3/12音声なし

「本店、本店、大変です、大変です。」
「はい」
「3号機、多分、水蒸気の爆発が、今起こりました。」
「11時1分です。」
こんな緊迫したやり取りがあるのが最初のものだ。退避をめぐる議論というのも、色々とやり取りが聞き取れるのだが、高橋フェローは「避難待機は何時になってるんかな〜」といったり、「全員のサイトからの退避は何時ころになるのかな〜」といって「まだ早いです」と誰かが応じている。
あるいは、清水社長が吉田所長に「現時点でまず最終避難を決定しているわけではないということをまず確認してください。」「今、然るべき所と確認作業を進めております。」と告げている。
これらのやり取りを見ると、やはり、菅首相らが思った通り、東電は「全員のサイトからの退避」を考えて、その決定前に「然るべき所と確認作業」を行なっていたのではないか。

なお、音声なしのファイルというのは、ただの不鮮明な動画が延々と続くだけの代物で、こんなものなら公開しないほうがマシというべきである。

報道機関は、もっと多くの映像ファイルを視聴したはずであるが、その詳細な報道が待たれる。

それにしても、検察・警察の取り調べ可視化の議論と同じで、一方当事者の行動の事後チェックに使うべき記録が、そのチェックされる側の恣意的な切り取りに任されるというのが信頼されるわけがないだろうに、もう信頼されようとする努力も完全放棄して、開き直っているのであろうか?

|

« Book:フリーター、家を買う | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復に係る訴訟制度案のパブコメ・再び »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

教育には金がかかる。無知にはもっと金がかかる。
指導者の隠蔽体質が、国民を無知の状態においている。
為政者の隠蔽体質が、国の豊かさを損なう原因となっている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012/08/07 05:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/55365150

この記事へのトラックバック一覧です: nuk:アホらしい東電のテレビ会議記録公開:

« Book:フリーター、家を買う | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復に係る訴訟制度案のパブコメ・再び »