« France:セクハラに関する新法 | トップページ | Book:日本神判史--盟神探湯・湯起請・鉄火起請 »

2012/08/18

Book:神様のカルテ3

感動的医療小説というレッテルが適当であろうか。
ちょうど一年前のこのブログで「今日の寝不足の理由--神様のカルテ」として紹介した本の第三作が出たので、早速読んだ。

漱石好きの主人公は、例によって24時間対応救急病院で忙殺されているが、そこに新たな女医さんが登場する。
主人公よりベテランであり、高度な技能を有する医師なのだが、ユニークなのはそればかりではなかった・・・。

前作2も、そういえば多忙な中に期待の医師が赴任してくるが、必ずしも期待通りではないという話だったし、それを思い出してしまうと「ありゃ?」と思わなくもないが、その同じパターンに守られたコンテンツは大きく異なる。

帯の文句は誰が放ったのか、それもまたストーリーが進むに連れて明らかにされる。

ネタバレしないようにするには、この辺が限界かな。法律家にも思考の端緒となる作品だ。

|

« France:セクハラに関する新法 | トップページ | Book:日本神判史--盟神探湯・湯起請・鉄火起請 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/55449136

この記事へのトラックバック一覧です: Book:神様のカルテ3:

« France:セクハラに関する新法 | トップページ | Book:日本神判史--盟神探湯・湯起請・鉄火起請 »