« media:産経新聞の黒歴史 | トップページ | Book:薬害肝炎裁判史 »

2012/07/27

news:神奈川県警がセクハラ解禁令

猛暑のせいでありましょうか、神奈川県ではついに後輩女性の服を脱がすというセクハラ行為をしても、警察に摘発されないという先例が出されたようです。

神奈川県のセクハラ愛好者の皆さん、これからは警察の目を気にせず、存分にセクハラが楽しめるようですよ。

参考資料
読売online:女性警官に集団セクハラ、先輩4人が服脱がせ…

神奈川県警大和署に勤務していた30歳代の4人の男性警察官が今年3月、後輩の20歳代の女性警察官に対して、服を脱ぐことを強要したり、無理やりキスをしたりするなど、集団で性的いやがらせをしていたことが、県警幹部への取材でわかった。


 県警は、4人を処分する方針だが、刑事事件としては「立件できないと判断した」としている。

 県警幹部によると、4人は、同署刑事2課に勤務していた巡査部長(現在は県警暴力団対策課)と、交通2課の巡査部長、刑事2課の警部補、刑事1課の巡査長。

 4人は3月上旬の夜、大和市内のカラオケボックスに女性を呼び付けた。いずれも勤務時間外で、部屋は5人だけだった。しばらくして、刑事2課の巡査部長が「服を脱げ」と指示した。交通2課の巡査部長は顔に無理やりキスをした。

 さらに、刑事2課の巡査部長は女性に対し、ブラウスとズボンを脱いでキスした巡査部長の服と交換するように命じた。女性は指示通りに脱ぎ、巡査部長のワイシャツとズボンに着替えた。県警のこれまでの調査では、警部補と巡査長はこれらの行為に直接的には関わっていない。

サイト上にはこれしか書かれていないので、なぜ刑事立件されないのか理由は明らかではない。
女性警官が、同意の上だったというのが最も想像しやすいパターンだが、セクハラの構造とか警察組織における締め付けの厳しさを想起するならば、ここでいう「同意」の背景には「因果を含められる」とか、「呼び出されてうかうかとカラオケボックスに行ったお前が悪い」とか、「将来ある優秀な同僚に泥を塗るのか、我慢してくれ」という強迫ないし泣き落としとか、「お前だって楽しんでただろう」というレイプ犯顔負けの開き直りとかがあったのではないかと想像できる。

要するに、今、世間が沸騰している子供たちのいじめと、それに対する先生たちや教育委員たちのヘタレぶりに共通する構図で、いじめられた子どもにも悪いところがあるとか、加害者にも人権(将来)があるとか言って、要するに臭いものにふたをすることで問題を解決したことにしようというわけである。

子どものいじめは、大人社会の反映にすぎないとはよく言ったものだ。

それにしても、神奈川県警は、この種の不祥事と身内に甘いことで定評がある、というか札付きだ。
きっこのブログ「呆れ果てた神奈川県警」
既に2005年から神奈川県は盗撮自由化宣言を警察が出していたのか。

ただし、いずれの解禁・自由化も「警官がやる分にはお咎め無し」という限定が小さい字で書かれているみたいだけどね。

|

« media:産経新聞の黒歴史 | トップページ | Book:薬害肝炎裁判史 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/55290489

この記事へのトラックバック一覧です: news:神奈川県警がセクハラ解禁令:

« media:産経新聞の黒歴史 | トップページ | Book:薬害肝炎裁判史 »