« 日本消費者法学会WEBサイトのURL変更 | トップページ | arret:仮執行宣言に基づく執行を控訴審は顧慮しない »

2012/04/03

Consumer Reportsが新しいiPadをトップタブレット端末と評価

コンシューマー・リポーツは新しいiPadをタブレット端末の中でトップにレイティングすると発表した。
New Apple iPad tops our tablet Ratings
最も優れたタブレット端末というわけだが、この同じ団体が、新しいiPadを危険と発表したという報道がなされたことは記憶に新しい。

それは誤報というわけではなく、上記サイトで検索すると、次のような記事が出てくる。

The new iPad can get very warm, further tests show, but is still safe

しかし、この見出しからも明らかなように、「高音になることがわかったが、それでも安全」というニュースだった。記事中では、シリアスなゲーマーなら、グラフィックを少し落とすなどして注意が必要かも、ということである。

で、その後にアップルは温度が高くなるのは仕様だと反論していた。

今回のレイティングでは、温度問題にほとんど触れること泣く、他のタブレット端末と比較してトップ評価だというわけである。
この発表については、日本のメディアは報道するのであろうか?

|

« 日本消費者法学会WEBサイトのURL変更 | トップページ | arret:仮執行宣言に基づく執行を控訴審は顧慮しない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/54379195

この記事へのトラックバック一覧です: Consumer Reportsが新しいiPadをトップタブレット端末と評価:

« 日本消費者法学会WEBサイトのURL変更 | トップページ | arret:仮執行宣言に基づく執行を控訴審は顧慮しない »