« 熊本市の100万円たかり事件は単なるパワハラか | トップページ | news:部下の女性に取引先への性的接待を命じて準強姦というニュース »

2011/12/29

Book:この正月に読む本

積ん読本は沢山あるが、この正月に読もうと思って読み始めたのがこれ。



今年のゴールデンウィークに第1巻を読んだことを紹介していたが、その後、第2巻はあっという間に読んでしまい、長らくおまたせされていたところ、本屋で見かけたので早速買い込んだ。

十字軍というと、どこか滑稽さとか、ドン・キホーテ的な雰囲気を感じてしまうのだが、これはもちろん私の先入観。若い頃はクルセイダーズをよく聞いたが、これが十字軍を意味することも、その当時知っていたかどうか。少なくとも意識はしていなかった。

ということで、せいぜい世界史の授業の一コマとしてしか知らない十字軍だが、塩野本になるとこうも活き活きとした姿で描かれるのかと、やはり引きこまれてしまう。

第三次十字軍は、エルサレム陥落のニュースに衝撃を受けた諸王が、特に法王に促されたわけでもなく立ち上がったところから始まる。リチャード獅子心王とフィリップ・オーギュストが手を携えて出立するところである。
下手に歴史の知識があると、ストーリーにワクワクできないが、ほどよく知らないのが幸いだ。

|

« 熊本市の100万円たかり事件は単なるパワハラか | トップページ | news:部下の女性に取引先への性的接待を命じて準強姦というニュース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

十字軍のマンガだと青池保子「サラディンの日」というのがあります。

投稿: madi | 2011/12/31 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/53599146

この記事へのトラックバック一覧です: Book:この正月に読む本:

« 熊本市の100万円たかり事件は単なるパワハラか | トップページ | news:部下の女性に取引先への性的接待を命じて準強姦というニュース »