« baseball:ドラフトってそういうもんじゃないのか? | トップページ | CAさんの辞めさせ方by JAL »

2011/11/01

EARTHQUAKE:地震予知だ!

J-CAST:千葉東方沖でM4か5級地震の可能性 気象庁が警戒呼びかけ

千葉県の東方沖で、マグニチュード4、5ほどのやや規模の大きな地震が2011年11月に起きる可能性があるとして、気象庁が10月31日に注意を呼びかけた。
それによると、10月26日ごろから小さな地震が相次ぎ、地下の岩盤の境目が少しずつずれ動いているという。フィリピン海プレートが陸側の岩盤の下に沈み込んでいる影響で、6年おきぐらいに繰り返される現象だという。4年前の07年8月には、地震活動後に最大で震度5弱の揺れを観測している。

11月に地震が起きる可能性がある、それも特定の海域で、やや規模の大きなと特定して警戒を呼びかけるというのは、地震予知そのもののようだが、こうした警戒呼び掛けはこれまでも気象庁はしてきたのだろうか?

ちなみに気象庁のサイトにいっても、10月31日付けでのお知らせに上記のようなことは書かれていないが、誰によびかけをしたのだろう?

|

« baseball:ドラフトってそういうもんじゃないのか? | トップページ | CAさんの辞めさせ方by JAL »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事が該当しますかねぇ?

毎日新聞 http://tinyw.in/OJCV

スロースリップ:千葉・房総沖でプレート滑り 「群発地震誘発も」

 防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は31日、千葉県の房総半島沖で、フィリピン海プレート(岩板)と陸側プレートの境界面がゆっくり滑り(スロースリップ)を起こしていると発表した。広瀬仁主任研究員は「群発地震の誘発も考えられる」と説明している。

 この場所のスロースリップは約30年間観測が続いており、前回までの5回は平均6年間隔で起こっていた。今回は07年8月以来4年2カ月ぶりで、間隔は過去最小。東日本大震災の影響で早まった可能性もあるという。07年には、スロースリップに誘発されたとみられる群発地震が房総半島周辺で発生した。

 防災科研が全国に整備した、高感度地震観測網のうち、房総半島6地点のデータを分析。最大の動きは、10月26~30日の5日間に深さ約20キロで約6センチ滑ったと推定した。【安味伸一】

投稿: 酔うぞ | 2011/11/01 15:46

>2011年11月03日
11月3日 地震情報
11月3日
19時34分  茨城県南部  震度4

■コメント
今日は19時34分に茨城県南部で震度4とやや大きめの地震が発生し、内陸部が震源の地震の割りに広範囲へ揺れをもたらすエネルギーを伴った地震でした。 以下略

 この地震のことでしょうか。震源の位置が少し異なりますが、これくらいの違いは誤差のうちかもしれませんね。

投稿: 井上信三 | 2011/11/04 22:20

 ↑のコメントは地震のマグニチュードの記述がなく、震源の位置が不正確でしたので、少し詳しいことを書きます。

>首都圏で3日、最大震度4のやや強い地震があった。都心部でも震度3の揺れに見舞われたが、気になるのは茨城県南部という震源地。茨城沖から房総沖にかけ、東日本大震災での地盤の“割れ残り”でエネルギーが蓄積されている海底を刺激、巨大地震を誘発する可能性があるからだ。

 気象庁によると、3日午後7時34分ごろ起きた茨城県南部を震源(深さ約70キロ)とするマグニチュード(M)4・9の地震は、茨城県取手市とつくば市で震度4、東京、神奈川、埼玉などの広い範囲で震度3を観測した。

 

投稿: 井上信三 | 2011/11/04 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/53136562

この記事へのトラックバック一覧です: EARTHQUAKE:地震予知だ!:

« baseball:ドラフトってそういうもんじゃないのか? | トップページ | CAさんの辞めさせ方by JAL »