« CD:朝ドラのサウンドトラック | トップページ | jugement:過払い金返還請求の手法本が著作物性なしとされた事例 »

2011/11/21

cinema:レインマン

今日のゼミでは、学生の夏休み宿題発表の中から見たいと投票された映画の第二弾。レインマンだ。


ダスティン・ホフマンが自閉症の兄を、トム・クルーズが事業で金に困っていた弟を、それぞれ好演している。
あらすじは、父の死とその遺言から兄の存在を知った弟が、大半の遺産を得た兄を病院から連れ出し、後見人医師に遺産を半分分けるよう要求するが、自動車の旅を続けるうちに、心境の変化が訪れるというもの。

後見する権利をめぐって弟と現後見人とが争っているところが、かろうじて法律問題だが、見どころはもちろんそんなところにはない。

今回も、学生たちのセンスの良さが光っている。

|

« CD:朝ドラのサウンドトラック | トップページ | jugement:過払い金返還請求の手法本が著作物性なしとされた事例 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/53301271

この記事へのトラックバック一覧です: cinema:レインマン:

« CD:朝ドラのサウンドトラック | トップページ | jugement:過払い金返還請求の手法本が著作物性なしとされた事例 »