« inlaw:大震災とソーシャルメディア | トップページ | minso:民事保全のチカラ »

2011/10/05

Dexia銀行が、破綻の危機に瀕していると。

昨日のTF1の20時ニューストップを飾ったのは、ベルギー銀行でフランスに本拠のあるDexia銀行が2008年以来のヨーロッパ経済危機で初めての犠牲者となったというものだった。

すなわち、TF1によれば、Dexiaは経営破綻の淵にあり、株価は20%もダウンしたという。

もともとこの銀行はサブプライムローンの破綻により大損害を受けたということで、ヨーロッパ経済危機が追い打ちとなって耐えられなかったという。
その意味で、サブプライムローン破綻にそれほど大きく損失を被っていない他の金融機関には波及しないだろうと、TF1は楽観視していた。

ちなみに、ベルギー中央銀行のプレスリリース(pdf)では、Dexiaがまだ破綻していないこと、フランスとベルギーの中央銀行は全面的にDexiaを支えるので、預金者は取り付け騒ぎを起こさないようにと述べている。
日本人からすると、何処かで見たような風景だと、テレビでアナウンサーが「預金は全額保護されます」と言っていた姿を思い出す。

なお、同じ4日20時のニュースは、フランスの土地家屋の値段が、特に地方で下がっていると伝えていた。

追記:毎日:デクシア:仏・ベルギー政府、大手銀救済へ支援 預金を全額保護も参照。

|

« inlaw:大震災とソーシャルメディア | トップページ | minso:民事保全のチカラ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/52918143

この記事へのトラックバック一覧です: Dexia銀行が、破綻の危機に瀕していると。:

« inlaw:大震災とソーシャルメディア | トップページ | minso:民事保全のチカラ »