« consumer:北海道消費者協会主催の研修講座 | トップページ | arret:内部通報者を不当に処遇するオリンパスに鉄槌 »

2011/08/31

Strasbourgのおみやげ

ストラスブールのお土産屋で見つけた職業プレートが素敵だった。
土産物屋さんの説明によれば、これはドイツ製だと、ストラスブールでドイツ語が使われているわけではないぞと念押ししていた。
弁護士や裁判官の皆さんがドイツ旅行に行かれて見つけたら、格好のおみやげだと思う。

Amtsgericht

このAmtsgerichtというのは、日本語でいえば「区裁判所」、現在の簡易裁判所に相当する。フランス語でいえばTribunal d'instance。
被告人に対して女性検事が論告し、男性裁判官が宣告している図であろうか。
二階部分にテミス像があるのがまた良い。

Anwalt

こちらは弁護士だ。
依頼者から何やら相談か依頼を受けている。沢山の本が商売道具のようだ。
二階部分にお花が飾ってあるのが、ドイツらしくて良い。

その他いろいろな職業があったが、Universitaetとかはなかった。

|

« consumer:北海道消費者協会主催の研修講座 | トップページ | arret:内部通報者を不当に処遇するオリンパスに鉄槌 »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/52610479

この記事へのトラックバック一覧です: Strasbourgのおみやげ:

« consumer:北海道消費者協会主催の研修講座 | トップページ | arret:内部通報者を不当に処遇するオリンパスに鉄槌 »