« book: 笑う英会話 | トップページ | news:大臣になってはイケナイ人 »

2011/07/03

parlement:三権分立に反するとして裁判所からの出向を解消

読売online:三権分立に反する…弾劾裁へ最高裁職員派遣廃止

国会の裁判官弾劾裁判所の牧野聖修裁判長(民主党衆院議員)は、最高裁からの出向職員を弾劾裁判所事務局で受け入れる慣例を、「三権分立の原則に反する」として廃止する方針を固めた。  牧野氏はすでに、横路衆院議長と西岡参院議長に個別に伝えた。現在出向中の裁判官出身者ら3人は、月内にも最高裁に戻る見通しだ。  裁判所事務局によると、この慣例は、裁判官らの専門知識や経験を活用するため、弾劾裁判所側の求めで1977年に始まった。  牧野氏は「裁判官が被告となって審理する裁判所の事務局に、最高裁出身者がいるのは公正性に問題がある」として、関係方面との調整に乗り出していた。

なかなか思い切った決断だ。牧野裁判長の挨拶ページはこちら

裁判官弾劾裁判所は、公式サイトも持っていて、しかもこれまでの裁判例をすべて公開しており、普段目立たないが情報公開はきちんとやっていると評価できる存在である。
法廷見学も可能だということなので、東京方面の方はぜひ行ってみるとよい。

|

« book: 笑う英会話 | トップページ | news:大臣になってはイケナイ人 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/52109278

この記事へのトラックバック一覧です: parlement:三権分立に反するとして裁判所からの出向を解消:

« book: 笑う英会話 | トップページ | news:大臣になってはイケナイ人 »