« 北大GCOE研究会:消費者法の規制とエンフォースメント | トップページ | YouTube:ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会 »

2011/07/20

book:法学案内としての一冊

大村先生のこの一冊、単なる外国人のための法律解説ではない。

著者からの内容紹介では「日本で生活している外国人は、法的な存在として日本人とどう違い、あるいは同じなのか。外国人をめぐる法的な問題の中に、民法の存在と機能を探り、現代社会の民法の在り様を考える。新しいタイプの法学入門。」とある。

日本民法を見つめ直すことが本書の目的のようだ。

|

« 北大GCOE研究会:消費者法の規制とエンフォースメント | トップページ | YouTube:ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

大村先生関係では、
こちらも、併せてご案内したいです。
留学生向けの情報サイトとしては、秀逸です。
この実践のなかから、ご紹介のご本が生まれたのですね。

外国人留学生のための法律ハンドブック
http://www17.ocn.ne.jp/~lgis/web2006omura/index.html

投稿: さしみのつま | 2011/07/20 19:41

ご紹介有難う。

ゼミ生の作品だから仕方ないかもしれないけど、アップデートすべきだろうなぁ。

投稿: 町村 | 2011/07/21 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/52260478

この記事へのトラックバック一覧です: book:法学案内としての一冊:

« 北大GCOE研究会:消費者法の規制とエンフォースメント | トップページ | YouTube:ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会 »