« Book:謎解きはディナーの後で | トップページ | politique:反省文:菅直人首相に期待していた自分を恥じる »

2011/06/01

jugement:QuicklookがMac OS X Leopardを示す標章だとして訴えた事例

東京地判平成23年5月16日判決全文PDF

プロサイトという会社がQuick Lookという登録商標を有していたところ、AppleがMac OS X Leopard以降のOSで標準装備したQuickLook機能について、OS全体を識別できる標章として使用しているとして、商標権侵害で訴えたという事件である。

あまりに無理筋なのではないかという感じがするが、案の定、裁判所は一蹴していた。

だいたいOSの機能の一つとして表示している言葉がOSを表す言葉になるのであれば、「開く」とか「保存」とかでもOSを示す言葉になりそうである。

原告はQuickLook機能がLeopard以降の本質的特徴であるとして、縷縷プログ記事とか雑誌記事とかをあげるが、まるで明後日の方向であろう。

アップルも大きくなって、この手の訴訟の標的にされることが多くなってきた、日本も訴訟社会的な行動を取る当事者・弁護士が増えてきた、という証拠だ。

|

« Book:謎解きはディナーの後で | トップページ | politique:反省文:菅直人首相に期待していた自分を恥じる »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/51826562

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:QuicklookがMac OS X Leopardを示す標章だとして訴えた事例:

» 【知財:損害賠償請求事件/東京地裁/平23・5・16/平22(ワ)18759】原告:(株)プロサイト/被告:アップルジャパン(株) [判例 update]
事案の概要(by Bot): 本件は,別紙商標権目録1ないし3記載の各商標について商標権を有する原告が,被告に対し,被告が別紙被告商品目録1及び2記載の各商品に関する広告に別紙被告標章目録記載1及び2の各標章を付して頒布するなどした行為が,原告各商標権を侵害すると主張…... [続きを読む]

受信: 2011/06/01 20:58

« Book:謎解きはディナーの後で | トップページ | politique:反省文:菅直人首相に期待していた自分を恥じる »