« event:今日から民訴学会2011於一橋大学 | トップページ | news:東電も政府が倒産処理をしようとするから無理が生じる »

2011/05/16

Book:十字軍物語

前から買ってはあったが、なんとなく読み始めないまま積んであった本書、GWの期間中に第一巻を読み終えてしまった。

塩野七生といえば、ローマ人の物語であり、すでに終わってしまって寂しい思いをしていたが、十字軍物語はローマ人の物語の初めの頃と同じような面白さであり、一旦読み始めると、ぐんぐん引き込まれる感がある。

特に十字軍=クルセイダースは、歴史的事実としては誰でも知っており、なんとなく中世のドン・キホーテ的なイベントというイメージがあり、免罪符などと並んでローマ・カトリックの茶番かとも思っていた。
しかし、少なくとも第一巻の第一次十字軍は、そのようなイメージを一掃するものであった。

とはいえ、貧民の十字軍とか、ビザンチン帝国皇帝の思惑と策謀とか、諸侯たちのそれぞれの思惑とか、一筋縄ではいかない複雑な絵が絡んでいる。これを塩野七生風に料理してあり、存分に楽しめる作品だ。

|

« event:今日から民訴学会2011於一橋大学 | トップページ | news:東電も政府が倒産処理をしようとするから無理が生じる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/51683453

この記事へのトラックバック一覧です: Book:十字軍物語:

« event:今日から民訴学会2011於一橋大学 | トップページ | news:東電も政府が倒産処理をしようとするから無理が生じる »