« action:倒産会社のような東電の仮処分答弁 | トップページ | Nifty-serveが体験できる!!! »

2011/04/15

books:原発関連本


原子力ロビーの本そのもの。


この本、緊急出版された煽り本かと思ったら、2006年に出版されていた。



「地元を欺いて、誰のための原発なのか!? 2007年夏、中越沖の激震で世界最大の原発が停止した……。謎に包まれた原発の実態、政官財の癒着を暴いて2008年度新聞協会賞を受賞したスクープ報道!」ということで、東電はこの原発を至急再開したいと言っている。



今をときめく小出助教の本。現在品切れだ。

その他、広瀬隆本は省略。

|

« action:倒産会社のような東電の仮処分答弁 | トップページ | Nifty-serveが体験できる!!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/51392664

この記事へのトラックバック一覧です: books:原発関連本:

« action:倒産会社のような東電の仮処分答弁 | トップページ | Nifty-serveが体験できる!!! »