« earthquake:法律家なりの被災支援 | トップページ | principle:原発事故の賠償責任は受益者負担 »

2011/03/29

misc:現在売れている水

1週間ほど日本を留守にしているので、放射能に汚染された水を恐れてペットボトルの争奪戦になっていることはニュースでしか知らなかった。

ところが、アマゾンのアフィリエイト記録を見て、改めて水の貴重化を認識させられた。

この1週間で売れた水は以下の3種類。


日田天領水に至っては、「現在在庫切れです。この商品の再入荷予定は立っておりません。」とのことである。

実は震災前にサンペレグリノをアマゾンで注文し、震災の当日午後、つまり余震がかなり激しく続いていたときに、横浜に配達されたことがあり、配達業者のクロネコヤマトは偉いと思ったものだ。

流通・配送さえ持ちこたえていれば、このネット時代の消費は結構強靱かもしれない。でも慌てて普段飲まないペットボトルに殺到するような状況では、少なくとも大人は、ないという説明を信じたいのだが。

|

« earthquake:法律家なりの被災支援 | トップページ | principle:原発事故の賠償責任は受益者負担 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/51248084

この記事へのトラックバック一覧です: misc:現在売れている水:

« earthquake:法律家なりの被災支援 | トップページ | principle:原発事故の賠償責任は受益者負担 »