« Book:北海道ルール | トップページ | twitter情報:日弁連コンピュータ委員会の終焉? »

2011/03/08

Book:時効制度の構造と解釈

民事時効制度に関する我が国の第一人者による研究書である。



学生の頃から分かりにくかった消滅時効の根拠について、本書は、証拠法だという訴訟法説を排し、権利の永久性に対する実体法的な制約だとし、その行使のために援用権という形成権が債務者に付与されていると明快に論じられている。

卑近なところで、ビデオレンタルの返却を怠った場合に、延滞料が無限でかかるというのはおかしいという判例理論を思い出した。

|

« Book:北海道ルール | トップページ | twitter情報:日弁連コンピュータ委員会の終焉? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/51066598

この記事へのトラックバック一覧です: Book:時効制度の構造と解釈:

« Book:北海道ルール | トップページ | twitter情報:日弁連コンピュータ委員会の終焉? »