« 東海TVドキュメンタリー傑作選 | トップページ | FRANCE:裁判官のストライキ »

2011/02/07

sumo八百長騒動、何がいけないことなのか?

国技の大相撲が危機に瀕していることは間違いない。
しかし、どこかズレたところがあるのではないかと、気になる。

まず、放駒理事長の責任を問う声があるが、これが一番象徴的かもしれない。
要するに今回の八百長騒動で本場所中止にまで追い込まれた原因は、八百長が行われていたことではなくて、八百長がバレて否定できなくなったことなのだろうか。

それなら放駒理事長の責任を問うのも分かる。彼には万死に値する罪がある。隠せなかったから。

しかし、そういう問題ではあるまい。
八百長が否定出来ない事実だったことから本場所中止にまで追い込まれたのは確かだが、それはバレたからではなくて、八百長が行われていたことが問題なのであろう。

今回、メールに交渉の経過が残されていたことで、手口やら仕組みやらが明らかになったという報道がある。
しかし、これまで週刊誌により暴露記事が表に出たことは何度もあり、そこでも「星の貸し借り」とか「カネで買う」とか、「付け人が仲介する」とか、今回「明らかになった」とされる手口や仕組みはすべて判明していた。それを日本相撲協会は協会ぐるみで否定して、裁判までしてきた。それらのやり方はすべて事実だったことが判明したにもかかわらず、なお、理事長は以下のように言う。(asahi.com:新たな八百長疑惑「全くわからない」 放駒理事長会見

——過去に八百長がなかったことを証明しないのか。  「裁判の結果なども出ている。なかったと理解している」 ——これまでも八百長があったという声が広がっているが。  「風評被害と言えばそう。申し訳ないが、迷惑な話だ」

今回、明らかになったことは、八百長が行われていた事実ではなく、これまで八百長疑惑で語られてきたことが事実だったということなのである。そしてそれは風評被害だというのは、言い訳にしてもよく分からない言い分ではないか。

ちなみに、裁判で八百長がなかったことが認められたというのは正しくない。裁判で認められたのは、八百長を報じたメディアが、真実または真実と信じるについて相当の理由があったことを証明できなかったというにすぎず、八百長がなかったことを積極的に認定したわけではないのである。

今回の騒動で、八百長そのものを問題とするのであれば、やるべき事は過去にさかのぼっての検討だし、それは確率論的な分析も考慮すべきだ。
例えば以下の本に示されているような、7勝7敗力士が千秋楽に異常に勝率が高く、しかもその千秋楽に対戦して勝った相手との翌場所の対戦成績はひどく悪いという事実とか。

そして、ビデオは残されているのだから、八百長が起こりやすい取組についてすべて映像からも検証すべきである。

逆にバレたことが問題だというのであれば、否定できなくなった力士たちだけの特殊な問題だということにして、彼らだけに責任を押し付けて処分し、理事長も詰め腹を切って幕引きすると、そういう未来となるだろう。

|

« 東海TVドキュメンタリー傑作選 | トップページ | FRANCE:裁判官のストライキ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

全く同感です。石原東京都知事の発言にあったように、
昔から八百長はあったと思いながら相撲を楽しんできた
のが現実ではないだろうか。
問題発言になるかもしれないが、プロレスやボクシングのように”観て楽しむ”でよいのではないか・・・?
但し今後は国技とか、公益法人などと言うことはやめて
もらいたい。

投稿: ワヤン | 2011/02/07 10:16

 大相撲八百長問題ですが「人情相撲」ならファンの許容範囲だろうという理解ですが、そこに金銭のやりとりがあれば義理人情と勝負の葛藤からはずれロマンも何もなくなるので大いに問題。ばれたら引退でしょう。

 しかし、相撲賭博や暴力団との癒着の可能性やその温床となる行為があればもはや言語道断。次元が異なります。引退以前に刑事問題として取り扱わねばなりません。

 野球賭博の捜査中の情報をみだりにリークしたことが問題視されていますが、もし正当性があるとすれば反社問題となる可能性を見出したからということになりますか。
 この点は捜査当局含め報道機関も精査が必要。それ以外のことは、抜本改革を条件に、将来指向の寛容な精神で大人の対応が必要ではないかと思ってみております。

 公益団体はもとより、国技や神事、天覧相撲の栄誉を剥奪し、株式会社化して、全日本相撲とか、S1グランプリとか、金網相撲とか、モンゴル軍対日本軍とか、一気に解体せよと、自由化だ、民営化だ、スポーツも爆発だという極論も話しとしてはおもしろいですが、私としては保守的で何とか今のまま残していただきたいものだと思います。


 放駒理事長は大変立派にやられていると思います。面相も悪くないし、どこかの企業の不祥事における社長らに比べて、大変まっとうで、多少の言い逃れや方便があっても基本、誠実に対応している感じがして、一山越えればどこかで辞表を出される覚悟であろうという感じがしています。
 すぐに辞めろという類の事件ではないでしょう。むしろ貧乏くじをひかされた理事長が貧乏に甘んじているの図です。

 通りすがりの小心者が、群衆心理のまま、濡れた犬を罵倒しながら殴りつけるようなヒステリックな言論はノイズとしてスルーすべきだろうなと思います。

投稿: 鈴木正朝 | 2011/02/07 11:10

私もそう思います。プロレスは八百長とわかっていても楽しめるじゃない?だからと言ってレスラーに「八百長でしょ?」なんて絶対聞けない。最初からデキレースだと思ってれば楽しめるよ。15日間違う相手とガチンコでやって負け越して十両陥落したら給料なし!たまらんぜよ。

関係ないけど笑点の大喜利はみんな考えて挙手してるんだと思ったら問題も答えも放送作家の先生方が考えているらしいね。そのこと知った方がショックでした。

投稿: ももじろう | 2011/02/07 12:30

八百長相撲やった力士は日本相撲協会への偽計業務妨害未遂の加害者(皮相的)。
※協会がうすうす知ってたら未遂の教唆と等価だがなーw
八百長相撲やってない力士は日本相撲協会からの偽計業務妨害の被害者(皮肉的)。
※協会は散々「八百長はない」と偽計してきたからなー。
というヲチはどうじゃろか(自嘲的w。

冗談はおいておいても,個々力士の大半に八百長がないという「悪魔の証明」はどうかねー。
駒形さんは我身一身を犠牲にして再建再生を図ろうと思い切った手を取るのは応援しとんじゃが……。

投稿: キメイラ | 2011/02/16 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/50800392

この記事へのトラックバック一覧です: sumo八百長騒動、何がいけないことなのか?:

« 東海TVドキュメンタリー傑作選 | トップページ | FRANCE:裁判官のストライキ »