« news:表現の自由と民間企業の限界 | トップページ | U7大学図書館長の話 »

2011/02/05

札幌ドームのNaming Right

道新:札幌ドームの命名権売却 市、公募を延長

札幌ドームのネーミングライツを売りに出したところ、市の思惑通りには行かなかったらしく、再募集をかけたということである。

最近の札幌で最も目立つ命名権売買といえば、旧厚生年金会館をさっぽろ芸術文化の館とした上で、ホールの命名権をニトリが購入、ニトリホールという名前になったことだ。

あのベージュの建物に全くそぐわない緑の看板が取り付けられ、何時までたっても急ごしらえ感がただよっている。

札幌ドームというと、プロ野球とプロサッカーの二つのフランチャイズとなっている世界唯一のスタジアムとウェブページに自慢されているくらいなので、あまり変な名前にされては困る。
と同時に、ハム系にも道産子系にも偏れないということなのだろうか?

私なら「札幌ホットドックドーム」とか「メロンドーム」とか、ハム関連の名前が思い浮かぶ。道産子系の名前というのはあまりイメージできないが、素直に「カムイドーム」か。これだとバスケットのフランチャイズみたいだが。

ソフトバンクのフランチャイズがヤフードーム(正確にはYahoo!Japanドームとなるのか)というように、著名ブランドをつけるとなると、白い恋人ドームとか言うことになりそうだが、あまりに「そのまんま」ではないか。

市がどういう理由で応募された企業の申し出を採用しなかったのか、当該企業に迷惑がかかるからということで公表していないので、妄想だけが先走る。

|

« news:表現の自由と民間企業の限界 | トップページ | U7大学図書館長の話 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

そんなバスケのフランチャイズが滅亡の危機だったりするわけで...

契約金額が納得いかないということでしょうか...
入札なのにえり好みできるのでは
こうなってくると随意契約と変わらない気もするのですが...
と思ったら大学の人事の公募でも、応募者がいるのにかけなおしなんてざらですから
文句は言ってはだめですね。

公序良俗?の観点から正当化できそうなのは青少年への影響を考えて風俗(といっても単体でそんなお金出せる会社があるんでしょうか)かギャンブル(元気なパチンコ系)か、マルチ系かでしょうか...

ちなみにNBAでは、オーランドマジックという2年ほど前にはファイナルに進出したチームのホームコート名がアムウェイ・センターだったりします。

投稿: 故元助手A.T.@私の居ぬ間に | 2011/02/05 13:27

なるほど、マルチ系なら、ひょっとするとネーミングライツ入札くらいするとこもあるかもしれませんね。

公募で意に沿わない人しか応募してこなかったという例は、国民生活センター理事長の公募がそうでした。
何十人もの応募者に福島大臣のおめがねに適う人がいなくて、結局ご指名で今の理事長が一本釣りされたということのようですが。

ところで、お留守の間に日本相撲協会が消滅したり、少なくとも本場所中止に追い込まれたりしそうですよ。

投稿: 町村 | 2011/02/05 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/50780376

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌ドームのNaming Right:

« news:表現の自由と民間企業の限界 | トップページ | U7大学図書館長の話 »