« book:クラウド時代の法律実務 | トップページ | e国宝:iPod touchで国宝鑑賞 »

2011/01/23

TV:二重被爆者「嘲笑」番組

日本社会との英国社会の言論とかユーモアとかをめぐる一般的水準の違いが現れたものだと思う。

まずは現物を見てから。

しかし、英語のテレビ番組を聴き取るのは一苦労だし、ましてコメディとなると、どこがおかしいのかを理解するのはすこぶる困難だ。

その内容を書き取っているブログ水川青話「BBC「QI」の出演者たちは実際に何を言っているのか? これが「被爆を嘲笑」?」を読むと、内容が正確に分かる。

 被爆者、というかあらゆる事件事故の被害者一般にいえることかもしれないが、特に被爆者をコメディ番組で取り上げること自体、日本社会のタブーに触れることであり、世界がますます狭くなったことに伴う文化的衝突の一例といえるだろうし、被爆体験を持つ国とそんな体験はなく核保有を堂々としていられる国の国民感情の違いもあるかもしれない。
 とはいえロンドンはナチスの空爆を受けたし、戦没者・戦争被害者に対する尊重に欠けるところはない。彼らが一概に無邪気だというのは当たらないだろう。

 その英国人が、例えば第二次大戦中の英国人被害者のエピソードをああいう感じで取り上げるかと想像してみると、多分取り上げるのではないかと思う。上記番組の中でも、鉄道事故の話題を出して笑いを取っているが、これは英国人被害者を笑いのネタにすることだ。同じことを日本のテレビ番組が「尼崎」でやれるかと考えれば、日本ではできないはずだ。この辺りから見ると、やはり冒頭に書いたようなユーモアに対する水準の違いが生んだ摩擦だろうという感じがする。

 いずれにしても、Twitterで誰かが書いていたところだが、原爆に伴う悲惨な体験をお笑い番組で取り上げるだけでなく、BBCには是非とも、あの素晴らしいドキュメンタリー制作能力をもって、被爆者の長い苦しいその後の生活を伝えて、原子爆弾の非人道性を取り上げてもらいたい。

|

« book:クラウド時代の法律実務 | トップページ | e国宝:iPod touchで国宝鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

元もと、BBCが世界的に独占しているが、ブラックな笑いですよね。

モンティーパイソンなんて、他の国では作れません。

そういう点では、抗議するのも正しいし、謝罪するのも正しいけど、再度作た場合に「前に謝罪したのに。キー!!」とかやってはダメでしょうね。

投稿: 酔うぞ | 2011/01/23 12:35

山口さんの遺族や被爆体験者らが抗議し,
BBCがこれらに対して謝罪するのであれば,
何ら問題がないと思いますが,

日本人全体がこれに対して憤怒し,
BBCが日本人全体に対して謝罪しているのだとしたら,

人類は地球上から戦争という愚行を放逐することは永遠にできないだろうな・・・と思いました.

投稿: kaigoiuhga | 2011/02/02 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/50662085

この記事へのトラックバック一覧です: TV:二重被爆者「嘲笑」番組:

« book:クラウド時代の法律実務 | トップページ | e国宝:iPod touchで国宝鑑賞 »