« politique:参院議長さんは偏見の持ち主でいいのか? | トップページ | bankruptcy:破産手続で異議、さて何の手続か? »

2011/01/07

event:France民訴公開研究会

今週末の9日午後1時から、青山学院大学で、フランス民事訴訟法研究会の公開研究会が開催される。

テーマは、フランス家族関係紛争処理手続の研究であり、離婚手続、未成年・成年後見などの法律上の保護手続、親子関係・親権に関する手続法を紹介する。

公開研究会であるので、ご関心のある方はどなたでもおいで頂きたいが、準備の都合上、メール、ツイッター、あるいは本ブログコメント欄などで事前にお申し込みいただけると幸いである。


テーマ フランス人事関係の紛争処理手続

司会・問題提起   町村泰貴(北海道大学)
報告1「離婚手続」 上北武男(同志社大学)・田村真弓(大阪学院大学)
報告2「後見・法的保護」
          堤龍弥(関西学院大学)・大濱しのぶ(関西学院大学)
報告3「親子関係・親権」
          西澤宗英(青山学院大学)・安見ゆかり(青山学院大学)
まとめ 徳田和幸(同志社大学)


ご参考
 フランス民事訴訟法研究会「フランス民事訴訟法翻訳(1)〜(5)」
国際商事法務38巻4号468頁、5号646頁、6号807頁、7号947頁、10号1418頁

|

« politique:参院議長さんは偏見の持ち主でいいのか? | トップページ | bankruptcy:破産手続で異議、さて何の手続か? »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/50516215

この記事へのトラックバック一覧です: event:France民訴公開研究会:

« politique:参院議長さんは偏見の持ち主でいいのか? | トップページ | bankruptcy:破産手続で異議、さて何の手続か? »