« WikiLeaksの参考文献 | トップページ | bankruptcy:相続財産の破産の例 »

2010/12/07

china大本営発表というか、デモ主催者発表というか

Nikkansports:反ノーベルで100超の国・組織が中国支援

中国外務省の姜瑜副報道局長は7日の定例記者会見で、10日にノルウェー・オスロで行われる中国の民主活動家、劉暁波氏(服役中)へのノーベル平和賞授賞式に関連し「現在までに100を超す国家と組織がノーベル賞委員会に反対する中国の立場を支持しており、国際社会は委員会の誤った決定を受け入れていない証左だ」と同委員会を厳しく批判した。

しかし・・・・

読売online:中国「圧力外交」効果?平和賞式典19か国欠席

あれ、100ヶ国以上が中国を支援してるんじゃないの?

こういう嘘っぱちをヌケヌケと発表して恥じない国は、別にwikileaksに何を暴露されても、知らぬ存ぜぬ、馬耳東風、共産党が黒といったら白鳥も黒いということである。

それに比べると、wikileaksに都合の悪いことを次々暴露されて、慌ててwikileaksを潰そうと躍起になっている米国の方がマシに思えてくる。

|

« WikiLeaksの参考文献 | トップページ | bankruptcy:相続財産の破産の例 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

>100を超す国家と組織

なので、国家は19で組織が81超なんでしょうね。

投稿: Enzo Romeo | 2010/12/08 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/50240682

この記事へのトラックバック一覧です: china大本営発表というか、デモ主催者発表というか:

« WikiLeaksの参考文献 | トップページ | bankruptcy:相続財産の破産の例 »