« politique:柳田大臣のピント | トップページ | event:inlaw個別報告固まる »

2010/11/22

politique:起死回生のチャンス

法務大臣が辞任するというニュースがテレビに流れている。
一晩で180度変わってしまったが、民主党政権の良識か、尻尾切りで予算を優先させたか、両方か、ともかく一歩前進である。
しかし菅政権にとっては、問題はこれからで、次の法相の人選によっては民主党らしさを発揮し、支持を回復させる起死回生のチャンスともなりうるはずだ。

大体大臣のスキャンダルで辞任劇が繰り広げられた場合、後任はなんとなく暫定とか代打というイメージがあり、これこそ切り札というような人が選ばれることは少ない。
しかし、法務大臣に課せられた現在の課題を思い出せば、切り札となるような人材が今こそ望まれているといえる。

現下の法務行政の課題は、以下のとおり。

検察改革
捜査過程、特に取り調べの可視化
法曹養成制度の見直し
裁判員制度の見直し
死刑の存廃
夫婦別姓・非嫡出子相続差別(積み残しの民法改正)
債権法全面改正(新たな民法改正)
法教育の推進
裁判所・法テラスの拡充(司法予算の増額)

まだまだあると思うが、これらのことについて、自らの見識をもって、司法官僚をリードし、民主党らしさを発揮した方向での改革を実行していく人が、法務大臣にふさわしい。
菅直人首相がそういう人を選べるかどうか、改めて注目である。

|

« politique:柳田大臣のピント | トップページ | event:inlaw個別報告固まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/50098172

この記事へのトラックバック一覧です: politique:起死回生のチャンス:

« politique:柳田大臣のピント | トップページ | event:inlaw個別報告固まる »