« arret:最高裁も手品ネタに貨幣に穴を開けたら懲役相当 | トップページ | consumer:アパート追い出し屋に損害賠償を命じる判決 »

2010/08/13

arret:採証法則違反か弁論主義違反か

最判平成22年7月16日PDF判決全文

いわゆる定期建物賃貸借契約を締結するには、借地借家法が以下のような要件を定めている。
・公正証書により契約書を作成すること
・あらかじめ更新のない賃貸借であることを記載した書面を交付して説明したこと

この事件では、「定期建物賃貸借契約書」と題する公正証書が作成されており、その中には当事者間で「本件賃貸借は契約の更新がなく,期間の満了により終了することについて,あらかじめ,その旨記載した書面を交付して説明したことを相互に確認する旨の条項」があった。
この場合に、上記の書面交付と説明の要件が満たされたと判断して良いかどうかが問題となっている。

原審は「説明書面の交付の有無につき,本件公正証書に説明書面の交付があったことを確認する旨の条項があること,公正証書の作成に当たっては,公証人が公正証書を当事者に読み聞かせ,その内容に間違いがない旨の確認がされることからすると,本件において説明書面の交付があったと推認するのが相当である」と判断した。

これに対して最高裁は、以下の事実を挙げた。
・説明書面交付を立証する証拠は本件公正証書のみである。
・説明書面交付について具体的な主張立証を原告がしていない。
・賃借人は契約締結に際して更新のない賃貸借との説明を受け、公正証書も読み聞かせられたから、説明義務は尽くされているとの主張があるにすぎない。

その上で、以下のように判示した。

これらの事情に照らすと,被上告人は,本件賃貸借の締結に先立ち説明書面の交付があったことにつき主張立証をしていないに等しく,それにもかかわらず,単に,本件公正証書に上記条項があり,上告人において本件公正証書の内容を承認していることのみから,法38条2項において賃貸借契約の締結に先立ち契約書とは別に交付するものとされている説明書面の交付があったとした原審の認定は,経験則又は採証法則に反するものといわざるを得ない。

この判断は、実体法的にも異論はありそうだが、訴訟法的にも興味深い。
説明書面の交付について、最高裁の上記判示によれば、主張立証がないということなのにもかかわらず証拠(公正証書の記載)やその他の間接事実から説明書面の交付を認定し、判決の基礎としたことを違法としている。つまり、証拠から主張のない事実を認めて判決の基礎とした違法、すなわち弁論主義違反と解すべきではないのか。
もっとも、この事件では説明書面の交付の事実について全く主張がないということではなさそうだ。「説明書面の交付があったことにつき主張立証をしていないに等しく」という辺りは、一応形式的に「交付して説明した」という主張はされているのであろう。
また、説明書面の交付について実質的に争われているので、説明書面の交付があったとの認定が被告に不意打ちになるということもなさそうである。
それでも、この判決文からうかがわれる限り、原告・賃貸人側は抽象的に法文の要件である「その旨を記載した書面を交付」したと主張していても、具体的な書面を特定してその交付を主張しているわけではないから、具体的事実としての書面交付は主張されていないというべきであろう。訴訟上要求される主張とは、法文の文言を抽象的に記載陳述することでは足りず、その文言に当てはまる具体的事実を記載陳述しなければならず、その具体的事実がいわゆる主要事実だというのが基本であり、本件では具体的な書面を特定して、それを交付した事実が主張されてはじめて主要事実の主張があったといえるはずだからである。
不意打ちという点でも、どのような書面が交付されたかが主張されてはじめて、それに対する具体的な反論が可能となるのであって、抽象的な要件の主張だけでは抽象的な反論しかできない。

そのように考えると、やはり本件は、主要事実についての具体的な主張がないにもかかわらず、証拠その他の資料から主要事実を認定して判決の基礎とした点に弁論主義違反があると理解するべきだと思える。単なる整理の問題で、実益がない問題かもしれないが、そう考えた方が、公正証書の中で確認条項があるにもかかわらず、それに従った認定が許されないという点の不自然さを回避することが出来るであろう。

|

« arret:最高裁も手品ネタに貨幣に穴を開けたら懲役相当 | トップページ | consumer:アパート追い出し屋に損害賠償を命じる判決 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

おい犯罪者、死ね。

投稿: 前田記宏 | 2010/08/13 09:16

公正証書は例示で、書面であればよいはずではないでしょうか?

投稿: あほ | 2010/08/13 10:00

前田記宏さん、やっちゃいましたね~。後は、町村先生の御慈悲にすがるしかありませんね。個人的には、通報していただきたいです。

投稿: やっちゃった! | 2010/08/14 05:57

ご指摘の通りですね。
「公正証書による等書面によって契約をする」(借地借家38条1項)

投稿: 町村 | 2010/08/14 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/49134285

この記事へのトラックバック一覧です: arret:採証法則違反か弁論主義違反か:

« arret:最高裁も手品ネタに貨幣に穴を開けたら懲役相当 | トップページ | consumer:アパート追い出し屋に損害賠償を命じる判決 »