« 密かに進行する秋 | トップページ | arret:採証法則違反か弁論主義違反か »

2010/08/13

arret:最高裁も手品ネタに貨幣に穴を開けたら懲役相当

最決平成21年12月9日PDF決定全文

3年以上前にこのブログで紹介した事件の上告審が公表された。

貨幣を損傷する行為を禁止しているのは、貨幣の信用を維持するためであって、手品を演じる自由を制限するものではないから、前提を欠くとされた。

しかしそれなら、処罰の目的に照らして、手品に用いるため必要最小限度で貨幣を損傷する行為は可罰的違法性を欠くといってくれた方がすっきりする。

|

« 密かに進行する秋 | トップページ | arret:採証法則違反か弁論主義違反か »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/49134144

この記事へのトラックバック一覧です: arret:最高裁も手品ネタに貨幣に穴を開けたら懲役相当:

« 密かに進行する秋 | トップページ | arret:採証法則違反か弁論主義違反か »