« event:仲裁ADR法学会 | トップページ | Court:最高裁:庁舎7棟すべて耐震基準満たさず »

2010/07/10

Jugement:訴えの取下げに被告が同意しなかった例

東京地判平成22年6月24日(判決全文PDF)

インクタンクのサードパーティ製品を特許侵害として差止め請求した事例である。

被告が販売していた2製品のうち一つについて、弁論準備期日に原告が訴えを取り下げると述べた。しかし、被告はこれに同意せず、原告はその請求にかかる主張をすべて撤回した。

その結果、請求のうち一部は請求棄却判決となっている。

どの部分が棄却されたのかは、請求欄と主文とを見比べるしかないが、まだ発見しやすい事例だ。

民訴の教材として。

|

« event:仲裁ADR法学会 | トップページ | Court:最高裁:庁舎7棟すべて耐震基準満たさず »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/48839990

この記事へのトラックバック一覧です: Jugement:訴えの取下げに被告が同意しなかった例:

« event:仲裁ADR法学会 | トップページ | Court:最高裁:庁舎7棟すべて耐震基準満たさず »