« ANAラウンジのiPad | トップページ | jugement:不法行為と債務不履行を客観的予備的併合とした事例 »

2010/06/03

横浜高速BUSのプチ恐怖体験

今、乗っているパスで、なんかクラクションの音がするなぁと思っていたら、後ろから高速で近づいてきた車がバスをあおっているのだった。

パスは追い越し車線側を走っていたので、それに苛ついたのだろうか。

パスが左車線に戻って道を空けた。
すると、クラクションを鳴らし続けた車がバスの前に回り込み、こともあろうに停止したのだ。高速道路の上なのに。

バスの運転手は予期せぬ相手の行動に、かなり急ブレーキを踏み、前の席に顎をぶつけてしまった。

10秒ほども停止しただろうか、他の車が追いついてきて、追突の危険もあった。

やがて、前方の車が発車したので、パスも動けたが、あわや玉突き追突の引き金になるところであった。

夜10時40分くらいの、京急リムジンで新横浜に行く間の出来事である。これくらいの情報では犯人逮捕に結びつかないと思うが、本当、捕まえてほしいものだ。

|

« ANAラウンジのiPad | トップページ | jugement:不法行為と債務不履行を客観的予備的併合とした事例 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

お気の毒様です。

バスにドライブレコーダーがあればその非常識な車のナンバーが写っているかもしれませんね。

投稿: ひらの | 2010/06/04 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/48536082

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜高速BUSのプチ恐怖体験:

« ANAラウンジのiPad | トップページ | jugement:不法行為と債務不履行を客観的予備的併合とした事例 »