« arret:民訴法260条2項により最高裁が事実認定と本案判断をした事例 | トップページ | ANAラウンジのiPad »

2010/06/03

Bar-exam:H22新司法試験短答式合格発表

法務省サイトで統計が発表になっている。

それによれば、短答式試験のいわゆる合格率(受験者ベース)上位10校は以下の各校である。

学習院大法科大学院 90.4%
千葉大法科大学院 89.9%
慶應義塾大法科大学院 87.3%
北海道大法科大学院 86.8%
東京大法科大学院 86.6%
中央大法科大学院 85.9%
京都大法科大学院 85.2%
一橋大法科大学院 84.1%
東北大法科大学院 83.6%
神戸大法科大学院 81.9%

学習院が堂々のトップだが、一橋や千葉はしっかり上位をキープしている。

北大も健闘している。ただ、北大についていうと、受け控え率がやや高めなのが気になるところである。詳しくは上記リンクからPDFファイルを参照されたい。

|

« arret:民訴法260条2項により最高裁が事実認定と本案判断をした事例 | トップページ | ANAラウンジのiPad »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/48533455

この記事へのトラックバック一覧です: Bar-exam:H22新司法試験短答式合格発表:

« arret:民訴法260条2項により最高裁が事実認定と本案判断をした事例 | トップページ | ANAラウンジのiPad »