« jury:有罪率100%の裁判員裁判1年 | トップページ | 国センADRが非弁の材料に »

2010/05/22

DVDザ・プラクティス

DVD「ザ・プラクティス」2010年夏、ついに法廷ドラマの最高傑作がDVD化決定!

どうして今までDVDがなかったのか、どうして今頃DVD化するのかと疑問はあるが、ともかく朗報だ。

アリー・マクビールのファンにとっては、途中でクロスオーバーして登場した法律事務所がこのザ・プラクティスの法律事務所で、どちらも脚本がデビッド・E・ケリーだからできたことだ。

しかし、日本のテレビでは、有料衛星放送でしか流れなかったので、残念ながら見られなかった。
DVD化は誠に朗報だ。

|

« jury:有罪率100%の裁判員裁判1年 | トップページ | 国センADRが非弁の材料に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

D.E.ケリーのインタビューをみたことがありますが、この作品は、プロフェッショナルのモラルが、主たるテーマということをいっていたような記憶があります。

名作です。正面からみると50分みただけで疲れたりしますが、心地よい疲れだったりします。

投稿: 高橋郁夫 | 2010/05/23 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/48424383

この記事へのトラックバック一覧です: DVDザ・プラクティス:

« jury:有罪率100%の裁判員裁判1年 | トップページ | 国センADRが非弁の材料に »