« arret:政務調査費報告書は自己専用文書 | トップページ | DISPUTE泥沼のマンション管理組合 »

2010/04/16

MUSIQUE札響エリシュカの夕べ

札幌交響楽団の今年度の定演も、チェコのエリシュカが振って始まった。

ドボルジャークとヤナーチェクであり、ヤナーチェクのシンフォニエッタは村上春樹の1Q84にもでてきて有名になったそうである。

特にすばらしかったのは、最後のドボルジャーク交響曲第5番。美しい叙情的な調べに陶酔した。

しかしキタラのお客さんは、音の余韻を楽しむことを知らない。今日は最後の音が鳴るかならないかというところで「ブラッ」と叫ぶものあり。指揮棒もバイオリンの弓も、最後の音をひき終えて固まっているのに、もう大拍手。
演じきった後の余韻に浸れないのは残念なことだ。

|

« arret:政務調査費報告書は自己専用文書 | トップページ | DISPUTE泥沼のマンション管理組合 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/48102536

この記事へのトラックバック一覧です: MUSIQUE札響エリシュカの夕べ:

« arret:政務調査費報告書は自己専用文書 | トップページ | DISPUTE泥沼のマンション管理組合 »