« CDの後を追うか、本 | トップページ | 仏刑事司法で導入されたe-filingシステムの悲劇 »

2009/12/14

北日本新聞がWeb新聞の発刊

ウェブ新聞創刊のお知らせ---北日本新聞社

北日本新聞が本格的なウェブ新聞を立ち上げるとのことである。

どういうものになるかは分からないが、来年1月1日より発行し、近い将来有料会員制サイトとなるとのことである。


ウェブであれば、それなりの使いやすさが必要となる。
現在、ウェブの情報取得にはRSSが欠かせないし、Twitterによるナマ情報の先行発信や記事配信告知も欠かせなくなりつつある。
また逆にCGMへの利用しやすさということもポイントとなるだろう。

もちろん、そうした小手先のテクニックだけでなく、読むに値する情報であることが一番重要であることはいうまでもない。そんじょそこらの素人のつまみ食い的メッセージよりも、まずは北日本新聞サイトで正確かつ豊富な情報を得たいと思わせるような、そういう質的優位性が最大のポイントであろう。

Newsday.comは、無料ウェブ新聞を有料化して、購読者数(ユニークビジター)が21%減少したそうである。→メディア・パブ:新聞サイトの有料化で先行したNewsday,ユニークビジター数が21%減る
この記事は、21%も客が離れたというニュアンスに聞こえるが、無料で見られていたサイトが有料化すれば、半分以上がアクセスしなくなるという方が当たり前であり、79%もの購読者が有料化に応じたということこそ、ニュースである。
北日本新聞も、読むべきクオリティで無料情報を圧倒していれば、同じような成功をおさめることができるだろう。

同様のことは、日経新聞の電子新聞にもいえる。

|

« CDの後を追うか、本 | トップページ | 仏刑事司法で導入されたe-filingシステムの悲劇 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/47023345

この記事へのトラックバック一覧です: 北日本新聞がWeb新聞の発刊:

« CDの後を追うか、本 | トップページ | 仏刑事司法で導入されたe-filingシステムの悲劇 »