« politique:現行制度をなるべく活かした改革を望む | トップページ | JAL静岡県知事の意趣返し »

2009/12/18

politique:野党らしくなった自民党

asahi.com:暫定税率維持「国民の信を問え」 谷垣総裁らが批判

 野党はとにかくいちゃもんをつけるのが仕事だとすれば、とても野党らしくてよい。
 しかし、もし解散して暫定税率維持に賛成か反対かを問うたなら、自民党も賛成に回って対立軸がなくなってしまうのではないか。

他方で与党ボケが抜けきらないのが公明党である。

一方、公明党の山口那津男代表は「国民に納得のいく説明は必要だ」とするものの「結果的には我々の考え方に沿う点もある」と一定の理解を示した。

民主党も、次の選挙までに国民新党と社民党を追い出し、公明党と連立を組んで参議院選挙に突入というシナリオを誰かが書いているのではないだろうか?

|

« politique:現行制度をなるべく活かした改革を望む | トップページ | JAL静岡県知事の意趣返し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/47048503

この記事へのトラックバック一覧です: politique:野党らしくなった自民党:

« politique:現行制度をなるべく活かした改革を望む | トップページ | JAL静岡県知事の意趣返し »