« musik:札響定演でも事業仕分けが話題に | トップページ | CDの後を追うか、本 »

2009/12/12

justice:刑事裁判をすっぽかす被告人

asahi.com:欠席2度の被告に裁判官「裁判なめてるんじゃないの」

21歳の女の子が被告人なのだが、文字通りなめているとしか思えない。

被告は10月の初公判を無断欠席し、次に予定された11月も出廷しなかった。地裁が「次に来なければ身柄を拘束する」と連絡すると、姿を見せた。
 法廷で検察官から無断欠席の理由を尋ねられ、「忘れてた」と被告。それを聞いた裁判官は「ほんとに反省してんの? 考えが甘すぎる。なめてるんじゃないの。裁判を」と語気を強めた。判決は18日。裁判官は「絶対、来るね。来ないと勾留(こうりゅう)するから
」と念を押して閉廷した。

その場で勾留しないのが不思議なのだが、ニッポンの刑事法廷はこんなに優しいのであろうか?

ちなみに、被告被告と見出しにも書かれているので、てっきり民事裁判の話だと思い、非常に驚きをもってクリックをしたが、刑事裁判であった。
民事裁判官であれば、欠席したからと言って「裁判なめてるんじゃないの」などと発言したりしない。黙って結審し、原告勝訴となる(被告が答弁書等を出していなければ)。

その意味では、刑事裁判よりも冷徹なのが民事裁判という見方ができよう。ただ、敗訴だからといって牢屋に行くことはないのだが。

|

« musik:札響定演でも事業仕分けが話題に | トップページ | CDの後を追うか、本 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/47002329

この記事へのトラックバック一覧です: justice:刑事裁判をすっぽかす被告人:

« musik:札響定演でも事業仕分けが話題に | トップページ | CDの後を追うか、本 »