« 国センADR結果概要より、豆柴事件 | トップページ | event:暮らしに役立つ法令・条例 »

2009/11/05

arret:民訴裁判例:管轄

知財高決平成21年10月23日PDF決定全文

静岡県内の企業同士の紛争だが、不法行為地として大阪地裁に管轄がある場合に、大阪に訴えを提起し、これに被告から東京地裁への移送申立てがなされた事案である。

結論は、17条の裁量移送を認めないというものであった。

東京地裁ではなく大阪地裁に提起すると、不衡平だという主張が認められなかったものであるが、企業間でも不衡平という主張が出てくるとはよほどの事情があったのであろうか?

ちなみに静岡の先生として大澤先生が申立人側に出てきている。トップは椙山先生。

|

« 国センADR結果概要より、豆柴事件 | トップページ | event:暮らしに役立つ法令・条例 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/46681810

この記事へのトラックバック一覧です: arret:民訴裁判例:管轄:

« 国センADR結果概要より、豆柴事件 | トップページ | event:暮らしに役立つ法令・条例 »