« action:ウミスズメが訴えを起こすも、却下! | トップページ | arret:名誉毀損と訴え提起の違法性 »

2009/10/23

ANA羽田-新千歳の搭乗率

朝日.comによれば、

羽田−新千歳(58.3%)全体の52位とのことである。

損益分岐点は60%だということなので、なんと赤字路線だったのか。

なんとなく、この数字には調査時点による偏りとかがありそうだ。恒常的な搭乗客の割合とか、搭乗客の実数とかも、コストとベネフィットの評価には重要で、機材や運行時間などの工夫により改善が見込めるところと、そもそもが客がいないというところとは違う。

その意味では、羽田・新千歳にはまだまだ無駄が多いということであろう。

しかしユーザーとしては、その無駄の部分があるからこそ便利でよいのだが。
体はつらいが、朝7時台の飛行機で上京し、夜9時の飛行機で札幌に戻るなら、かなりの仕事がこなせるのである。

|

« action:ウミスズメが訴えを起こすも、却下! | トップページ | arret:名誉毀損と訴え提起の違法性 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「採算分岐点の搭乗率が60%」とか言っているところが少々怪しいと思っています。

世界標準とかじゃないのかなあ?

もっと厳密に説明しろよ、とは思いますね。

投稿: 酔うぞ | 2009/10/23 09:31

相対的な話としては参考にならないでもないです。
例えば、JALはANAより新千歳羽田便でもよりひどいとか。

投稿: 町村 | 2009/10/23 09:51

 国際標準では損益分岐点は搭乗率40%が多いですが……。

投稿: キメイラ | 2009/10/23 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/46559416

この記事へのトラックバック一覧です: ANA羽田-新千歳の搭乗率:

« action:ウミスズメが訴えを起こすも、却下! | トップページ | arret:名誉毀損と訴え提起の違法性 »