« 再生ADR:今度はウィルコム | トップページ | ハゲチャビン@Yahoo! »

2009/09/20

France民訴研究会、法典の最後まで検討終わる(追記あり)

5年越しの研究会であった。

これから、収穫の時を迎える。

(追記)
ちなみに、フランス民訴法典は、まだ未完成で表題だけがある部分も残っているのだが、一応条文番号としてはほぼ完結し、約1500条という大法典となっている。

第1巻 あらゆる裁判所に共通の規定---日本民訴第一編「総則」にほぼ相当
第2巻 各裁判所に特有の規定---日本民訴第2編以下にほぼ相当
第3巻 いくつかの事件類型に特有の規定---日本法では、家事審判法、人事訴訟法、非訟事件手続法などに相当するが、日本法にない手続や民事執行法の形式競売に相当する部分もある。
第4巻 仲裁---日本の仲裁法に相当
第5巻 執行手続---日本の民事執行法・民事保全法に相当するが、実際の規定はまだここに法典化されていない。
第6巻 海外領土に関する規定---日本法にはない。

 この5年の間に、第3巻移行を翻訳してきたが、既に翻訳した部分が本年初めに全面改正されたり、EU少額裁判やEU督促手続の国内手続が入ったり、日進月歩であった。
 なるべく早い時期に順次公表し、その間の変化もアップデートしたバージョンをとりまとめて単行本としたいと考えているが、約1年はかかるであろう。

|

« 再生ADR:今度はウィルコム | トップページ | ハゲチャビン@Yahoo! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/46263087

この記事へのトラックバック一覧です: France民訴研究会、法典の最後まで検討終わる(追記あり):

« 再生ADR:今度はウィルコム | トップページ | ハゲチャビン@Yahoo! »