« politique:賞味期限1年の内閣たち | トップページ | arret:紛争中の催告書をウェブに掲載した事例 »

2009/09/16

death_penalty:鳩山内閣は死刑を廃止するか?

千葉景子議員が法務大臣となったわけだが、これで法務行政はどうなるであろうか?

とりわけ注目されるのは、死刑制度の存廃である。

千葉景子議員は、なんといってもアムネスティ議員連盟の事務局長まで務めている方であり、アムネスティといえば死刑と代用監獄にことのほか熱心に廃止を求めてきた団体である。

ちなみにアムネスティ議員連盟に属している閣僚は、鳩山首相、管直人大臣、福島瑞穂大臣がいる。その上、あの死刑廃止運動の先頭に立つ亀井静香大臣(死刑廃止を推進する議員連盟会長)もいる。


これで法務大臣の最初の仕事が死刑廃止検討でなければシンジラレナーイというところだが、ところがどっこい、アムネスティ議員連盟には小泉元首相も森元首相も名前を連ねており、ただの格好つけで名前を入れているかもしれないわけだ。

もちろん千葉景子さんはそうではないと思うので、とりあえず死刑の処刑が行われるのかどうかに注目である。

そのほか、千葉景子の一つの提案と3つの約束のページからは、以下のような項目が注目される。

・融資に際し、現状の担保主義を企業の将来性や技術など、無形のものも対象とし、 借りやすい制度にすると同時に、個人保証制度を廃止します。
・カルテ開示、医療費明細書発行を義務化します。
・子どもに対する虐待を防止するための施策を強化するとともに、DV対策のさらなる充実をはかります。
・犯罪被害者の支援を強化します。
・政府から独立した人権擁護機関を都道府県毎に設置します。
・障害者や高齢者、女性に対する差別の解消に向けて、それぞれ差別禁止法を 制定します。
・女性に対する犯罪に対する罰則と他の犯罪に対する罰則の均衡をはかります。

さて、いくつ実現できるであろうか?

|

« politique:賞味期限1年の内閣たち | トップページ | arret:紛争中の催告書をウェブに掲載した事例 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

死刑は法務大臣が署名しなければ執行されないので死刑制度の廃止は喫緊の課題ではありません。法務省ベースでいえば,取り調べの全面可視化の導入と,一部の学者が暴走気味の債権法改正にブレーキをかけることでしょう。

投稿: 小倉秀夫 | 2009/09/17 01:05

>千葉景子の一つの提案と3つの約束のページ

 盛り付け過ぎで消化不良を起こしそうです。

投稿: キメイラ | 2009/09/17 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/46228037

この記事へのトラックバック一覧です: death_penalty:鳩山内閣は死刑を廃止するか?:

« politique:賞味期限1年の内閣たち | トップページ | arret:紛争中の催告書をウェブに掲載した事例 »