« misc:高速の事故 | トップページ | politique:民主党マニフェストの期待するポイント »

2009/08/31

election:女性の当選者

非常に多くなるという予想だったが、新聞サイトがなかなか集計してくれないので、自分で紙新聞をもとに集計した。

小選挙区 24人
比例代表 27人

(日経朝刊であり、まだ未確定の部分があるので、比例代表はもう少し増える可能性もある)

追記:
時事通信より

これまでで最も多い229人が立候補した女性の当選者数は、小選挙区24人、比例代表30人の計54人。2005年の43人を上回り、過去最多となった。当選者全体に占める女性の割合は11.25%で、初めて2けた台に乗せた。

合計55人11%以上というのは、これまでの日本の状況からすれば大躍進だ。

しかし、アラブ諸国はともかくとして、世界平均は18%であり、まだまだなのだ。

世界女性議員比率 by IPU

司法の世界では、20%超であり、これまた人口比率に比べればお寒いものだが、それでも専門職における女性比率としては結構高い方かもしれない。国会議員の女性比率も、せめてこれくらいが当たり前になってはじめて、男女共同参画社会ということができよう。

|

« misc:高速の事故 | トップページ | politique:民主党マニフェストの期待するポイント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

同感です。歴史はあるにせよ限りなく50%に近づいてほしい。
今回の女性の当選者を「チルドレン」とか「ガールズ」のように十把一絡げにせず、今後の活躍を期待し、次に繋げてほしい。

投稿: 梅原 | 2009/08/31 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/46078150

この記事へのトラックバック一覧です: election:女性の当選者:

« misc:高速の事故 | トップページ | politique:民主党マニフェストの期待するポイント »