« arret:更新料違法判決、高裁でも。 | トップページ | arret:知財高裁もピンクレディのパブリシティ権侵害認めず »

2009/08/28

Book:銀行の預貯金過誤払い責任を問う

齋藤雅弘弁護士が関与された弁護団の活動をまとめた本『預けたお金を返してください』(あけび書房)を送っていただいた。

銀行が必要なセキュリティを施さないまま、盗難通帳や偽造カードにより銀行預金が引き出されたとき、その負担を当然に預金者が負うという構造に対して、果敢に挑んだ弁護士たちの物語である。

お堅い法律書と異なり、ルポライターの矢吹紀人という方が書かれた本なので、あたかもNHKのプロジェクトX(今ならプロフェッショナル仕事の流儀か)を見ているような感じで読み進めていくことができる。

弁護士さんというのはこういう仕事を(も)するのだということで、ロースクール生や法学部生にオススメの一冊だ。

|

« arret:更新料違法判決、高裁でも。 | トップページ | arret:知財高裁もピンクレディのパブリシティ権侵害認めず »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

キャッシュカード不正引き出し問題については、
「キャッシュカードがあぶない」(柳田 邦男)
という力作があります。ここにも、銀行側の怠慢によって、預金者に何ら落ち度がなくても、簡単に不正引き出しが行われてしまったのに、銀行は一切補償しない、警察もあてにならない、裁判ぐらいしか救済手段がないということが書かれています。
 改めて、裁判制度の重要性を認識しました。
 柳田は主に医療関係で活躍しているノンフィクションライターですが、自分からネタを探してこのテーマに挑んだのではなく、知人やそのまた知人くらいから、自然と不正引き出しの情報が流れてきたのだそうで、いかに不正引き出しが多かったかがわかります。

投稿: Inoue | 2009/08/28 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/46049983

この記事へのトラックバック一覧です: Book:銀行の預貯金過誤払い責任を問う:

« arret:更新料違法判決、高裁でも。 | トップページ | arret:知財高裁もピンクレディのパブリシティ権侵害認めず »