« JURY:CGは証拠か? | トップページ | jury:調書裁判の弊害を排除する裁判員裁判に分厚い調書 »

2009/08/04

Book:運命の人

山崎豊子、渾身の全4巻である。
ご存じ西山記者事件(外務省秘密公電漏えい事件)を題材とした、マスコミと沖縄のダブルテーマ小説である。

正直、第4巻がそれまでのところと調和していないきらいは免れず、それは執筆時期にもよるのかもしれない。
第4巻で取り上げられている沖縄の諸事件も、もう少し色々なことがあったような気がするし、一つ一つの出来事が孤立している印象も受ける。第4巻の内容だけを3巻モノに独立させても良かったような気がするが、それは無い物ねだりなのかもしれない。

ネタ元の事件については、次の二冊を忘れることができない。

|

« JURY:CGは証拠か? | トップページ | jury:調書裁判の弊害を排除する裁判員裁判に分厚い調書 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45830943

この記事へのトラックバック一覧です: Book:運命の人:

« JURY:CGは証拠か? | トップページ | jury:調書裁判の弊害を排除する裁判員裁判に分厚い調書 »