« vote:期日前投票は出来なかった | トップページ | 国センADRの最初の実績 »

2009/08/21

民主党300議席に怯え、自民党麻生隠しの動き

30日の投票日まで10日を切ったが、自民党が最大の欠点を自覚始めたようだ。

asahi.com:「民主300議席の勢い」各党に衝撃(4/4ページ)

そんな中で、自民党内で巻き返し策として浮かんでいるのが「麻生隠し」だ。  加藤紘一元幹事長は20日の演説で「麻生政権の評判がよくないから困っている。自民党もいつまでも麻生政権ではない。麻生政権への評価で自民党の評価を決めないでほしい」と強調した。  ある3役経験者も、参院自民党の有力幹部に「有権者は『選挙に勝てば麻生首相が続投するから、自民党には入れない』と考えている」と語りかけ、「選挙後は麻生総裁ではない」と打ち出すことで党勢回復を図ろうと模索する。

7月14日のエントリで予想した事態が進行中である。

選挙日の公示前後に、岡田民主党幹事長が細田自民党幹事長に「選挙で自民党が勝てば、麻生政権が継続するのですよね」と念を押し、細田氏がいやいや「その通り」と答えていた。確か、NHKの日曜討論か何か。
ところがその後、細田氏も総裁任期は10月くらいで切れるということに言及してごまかすようになったらしい。

自民党の立場としては、この自民党に投票を呼びかけている最中の総裁が「もうすぐ任期切れですよー、あとはまた別の人になる可能性がありますよー」等と言えば、有権者がますます何を信じてよいか分からなくなり、マニフェストで方針を明確にするのと正反対の行動だ。
「政権を維持させてもらえば、後は誰が担当するか分かりませんし、ひょっとするととんでもない左翼orとんでもない右翼が総裁になる可能性もありますが、それでも自民党に投票して下さい」なんてのは、まだ自民党に投票しようと考えている人に対しても挑発的な感じがする。

そうかといって、「自民党が勝てば、麻生政権が続くんでしょ。じゃ、投票しないもんねー」というのも当然の反応であり、自民党候補者たちだって内心は同意しているのではないか? 自民党から立候補していながら、比例は別の党に入れるとか・・・。

すべては、解散前に麻生降ろしを実現しなかったが故に落ち込んだ落とし穴であり、時機を失しているのである。

|

« vote:期日前投票は出来なかった | トップページ | 国センADRの最初の実績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私はマニフェストなんて作文は信用しませんが、多数派を占めた政党の党首が首相になるという点だけは信用してました。
自民党にはがっかりだ。

投稿: Inoue | 2009/08/21 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45985788

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党300議席に怯え、自民党麻生隠しの動き:

« vote:期日前投票は出来なかった | トップページ | 国センADRの最初の実績 »