« lawyer:平成の総理大臣の弁護士観 | トップページ | arret:外国国家に対する解雇無効・賃金支払い請求の適否 »

2009/07/02

UNIV:強姦被害者中傷を繰り返して停学

京都教育大学の話である。

asahi.com:京教大、被害者をネットで再び中傷した学生に停学6カ月

京都教育大(京都市伏見区)の学生6人が集団準強姦(ごうかん)容疑で逮捕され、不起訴処分になった事件をめぐり、同大学は1日、ネット上で被害者を中傷するなどした男子学生を6カ月の停学処分にした。男子学生は以前にも同様の書き込みをして訓告処分を受けていた。大学によると、男子学生は書き込みをしたことなどを認めたという。

以前の書き込みの時のニュースはこちら。

京教大生、準強姦被害者を非難するネット書き込み

 京都教育大の男子学生6人が集団準強姦(ごうかん)容疑で逮捕された事件で、同大学は、インターネットのサイト「ミクシィ」に被害者を非難する内容の書き込みをしたとして、2年の女子学生1人を17日付で訓告処分にしたことを明らかにした。
 また、ネット上に加害者を擁護する書き込みなどをしたとして、9〜16日に、4年と1年の男子学生、3年の女子学生の計3人を口頭で厳重注意したという。大学はこの事件について書き込みなどをしないよう学生に指示し、教員らがネット上の監視を続けているという。

部外者ゆえ事情はよく分からないが、今回停学となった学生は執拗だし、また以前の書き込み時点でもかなり多数人が同様の書き込みをしているあたり、何か事情があるのか、それともネットの共振現象で止まらなくなっているのか。

元の事件は、合意か強姦かが争われていたし、示談が成立したことで不起訴となったものだし、被害者の訴えを受けた大学の対応がまた極めて不明朗なもので「もみ消し?」とも思わせるものだったし、それらの経緯もあって色々だが、ともかく、今回停学となった学生は上記のような報道で見張られていることを知りながらやったのだろうから、確信犯だ。

参考:ZAKZAK:友人続々ミクシィで無責任擁護…京教大レイプの余波
「そこに酔いつぶれた女の子がいるから襲う」

|

« lawyer:平成の総理大臣の弁護士観 | トップページ | arret:外国国家に対する解雇無効・賃金支払い請求の適否 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。性犯罪って、どの世界でも無くなれば良いですよね。

京都教育大学の学生による集団準強姦事件で性犯罪がクローズアップされていますよね。「性犯罪に対して大らかな教員が自分の娘の学校にいたら、ろくなことが起こらない」と思ってしまいます。

実は、そういった懸念が北海道のある高校で、事件となって起こってしまったのです。この報道を行っているのは、僕のブログ「ジ・オンライン・プレス北海道」だけです。事件の裏話を記事にしてみましたので、是非ともご覧ください。

この事件は、「被害者も、加害者も、性犯罪が起きる温床を作った教員も、すべて女性」で、事情を知らない男性と性的関係を持たせるという、新手の性犯罪です。
http://ameblo.jp/notetake1/

投稿: 道産子 | 2009/07/04 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45515811

この記事へのトラックバック一覧です: UNIV:強姦被害者中傷を繰り返して停学:

« lawyer:平成の総理大臣の弁護士観 | トップページ | arret:外国国家に対する解雇無効・賃金支払い請求の適否 »