« decision:暴力団事務所の使用差し止め | トップページ | politique:政治倫理審査会 »

2009/07/17

politique:結局逃げた麻生執行部

自民党のドタバタはあらゆる人が呆れたり面白がったりして見ていると思うのだが、当人たちは大まじめなのがまた面白い。

毎日jp:ドキュメント・解散:「反麻生」に及び腰 自民・両院総会署名、右往左往

日が暮れかかるころ、各派事務総長の数人が幹事長室に集まり、「首相が両院総会で正々堂々と演説し、正面突破すればいい」と進言した。それでも煮え切らない細田氏を見て、出席者の一人は「首相が嫌がっている」と直感した。

逃げ隠れしないなどと勇ましいことをいう割には、署名を突きつけられるまで何もせず、またしても地位に恋々とする醜態を晒している。
堂々とするなら、署名が集まるのを待たずに、執行部の方から両院議員総会を招集すればよいし、そうすれば少なくとも署名の意味をめぐってゴタゴタが続くという醜態は避けられたはずである。

その結果、中川(女)とか武部とかがなんか言っても、堂々としていれば、多少は評価が上がっただろうと思うが、「署名が足りませんから両院議員総会は開かずに済み、助かりました」という態度と逃げ隠れしないと強がる態度とは全く相容れないのである。

で、次の総選挙で自民党候補者に投票するということは、この麻生政権の継続を望むという意味にされてしまうわけだ。
もう自民党としては、解散中に新総裁を選んで、公示日には新生自民党となりましたというしかない。さもなければ、民主党の新たなスキャンダルをぶちあげるかだ。

|

« decision:暴力団事務所の使用差し止め | トップページ | politique:政治倫理審査会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

派閥が強かったころの自民党なら、とっくに総裁はクビにされ、新しい総裁が選ばれていたでしょう。
公認取り消しをタテに、造反議員に圧力をかけることができるのは、良くも悪くも、党中央の権力が増したということです。
裏返すと、かつてのように、派閥交代による擬似的政権交代によって、自民党を延命させることはできず、政党そのものが交代せざるをえないのです。

投稿: Inoue | 2009/07/18 22:17

私の目には、民主派が反主流派となっているようにしか見えないのですが。
小沢氏、鳩山氏、亀井氏、綿貫氏・・・

投稿: 町村 | 2009/07/18 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45656582

この記事へのトラックバック一覧です: politique:結局逃げた麻生執行部:

« decision:暴力団事務所の使用差し止め | トップページ | politique:政治倫理審査会 »