« politique:究極の選択 | トップページ | nagoya:河村市長の一撃! »

2009/07/13

politique:民主党の都議選マニフェスト

本来の趣旨に反して、選挙が終わると誰も注目しなくなるマニフェストだが、民主党が都議選に勝ったので、このマニフェストを実行に移すときが来たというわけである。

http://wiki.tokyolife.jp/images/c/c8/Tokyo_manifesto20090625.pdf

三本柱は3つのノーということで、まずは新銀行東京の撤退と、築地市場移転の中止、救急搬送時間を30分にするとしている。

半年後くらいに、もし忘れていなければ、もう一度見てみよう。

|

« politique:究極の選択 | トップページ | nagoya:河村市長の一撃! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

■グーグルが選挙情報サービス 候補者が動画で質問に回答―やっと選挙にも新たなツールがでてきたか?
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/07/blog-post_13.html
こんにちは。グーグルが選挙情報サービスとして新たなツールを日本でも、提供し始めました。おそらく、衆議院議員選挙など意識したものと思われます。このシステム、背後には、有権者からの質問や、既存の質問に対する投票などから、民意を抽出するシステムもあるものと思います。おそらく、オプションとして候補者に有料で提供するものと思います。このシステムは、オバマ氏が大統領選挙にも用いてました。しかし、こうしたシステムにも落とし穴はあります。やはり、候補者が自分で考え、行動した結果を見るようにしなければならないと思います。あくまで、人が主体ということにはかわりないと思います。その中でも、人の考えが重要です。そうして、今の時代最も重要なのは、マニフェストや公約を出すこと自体ということではなく、次世代のパラダイムを強力に打ち出すことです。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009/07/14 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45622359

この記事へのトラックバック一覧です: politique:民主党の都議選マニフェスト:

« politique:究極の選択 | トップページ | nagoya:河村市長の一撃! »