« arret:最高裁過払い金請求に少しブレーキをかける | トップページ | jugement:職場のサイバーストーカー »

2009/07/11

関西学院LSの和解室

関西学院LSの和解室
ロースクール棟をお借りしての研究会だが、H大から見ると充実した設備にうらやましさを禁じ得ない。

ラウンドテーブルの和解室があり、ここで仲裁、調停の実技指導もできるだろうし、充実した法曹養成が可能な設備である。

ただロースクールの不幸は、そのような設備をいかせる余裕が無く試験勉強に専念しなければならないとの観念が支配的なところだ。

関西学院には優秀な実務家教員がおり、そこのところがどうなっているか、聞きたいところである。

|

« arret:最高裁過払い金請求に少しブレーキをかける | トップページ | jugement:職場のサイバーストーカー »

コメント

 町村先生、いつも楽しくブログを拝見しております。関学の教官をしています徳岡宏一朗と申します。
 民亊和解室は民亊ロイヤリングⅡ・Ⅲや民事裁判実務、民亊模擬法廷とフル稼働しています。私の少年法でも使うことがあります。また、ご覧になりましたか、立派な模擬法廷も作られており、模擬裁判や大人数の講演などに使われています。
 ただ、関学はきれいですが関西私学としてはこじんまりとしたほうで、他校には施設的にはもっとすごいものが一杯あるようです。先生のおっしゃるとおり施設を生かせているかは我々の課題ですが・・・

投稿: 徳岡宏一朗 | 2009/07/13 07:37

徳岡先生、コメント有り難うございます。
コメント先を移動しました。

法廷教室も見に行ったんですが、あいにくカギがかかっていました。

実務家の基礎訓練としては、セレモニーのようなことをさせるよりも、実質的な交渉ごとが含まれた手続の方が勉強になると思いますが、それにはそれなりの設備もあった方がよいですね。
それを活用されているのはますます素晴らしいです。

投稿: 町村 | 2009/07/13 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西学院LSの和解室:

« arret:最高裁過払い金請求に少しブレーキをかける | トップページ | jugement:職場のサイバーストーカー »