« CNET Japanは朝日新聞社に継承 | トップページ | UNIV:強姦被害者中傷を繰り返して停学 »

2009/07/01

lawyer:平成の総理大臣の弁護士観

asahi.com:総理大臣のインタビュー

弁護士に頼んだら、いかにも公平なように思われるかもしれないけど、それは間違いです。弁護士は、頼まれた人の言葉を、絶対に悪くは言わないという約束で弁護するんですから、弁護士に頼むっていうのは、全然おかしいと。どして、おかしいと思わないんだ? それを記者会見して、聞かない記者の方が、おれには信じられないけどね。弁護士っていったら、弁護するためにしゃべる人だから、その人が調べるって、検事が調べたらわかるよ、弁護士が調べたって話を聞いて、『ハー?』と。

検事の取り調べは信用できるが、弁護士の調査は依頼主の不利なことを言わない限界があるというのが、この国の現総理大臣の認識である。

その検事さん、幼稚園バスの運転手さんを幼児殺害犯として起訴して無期懲役にもっていったのだが。

なんともナイーブな正義観ではある。

|

« CNET Japanは朝日新聞社に継承 | トップページ | UNIV:強姦被害者中傷を繰り返して停学 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45510250

この記事へのトラックバック一覧です: lawyer:平成の総理大臣の弁護士観:

« CNET Japanは朝日新聞社に継承 | トップページ | UNIV:強姦被害者中傷を繰り返して停学 »