« 関西学院LSの和解室 | トップページ | komaneta:ひげってどう思う? »

2009/07/12

jugement:職場のサイバーストーカー

粘着君ではあるが、いわゆる匿名の卑怯者ではない。

神戸地判平成21年4月17日PDF判決全文

電子メールを送り続けたり、実名を挙げた名誉毀損的ウェブページを作ったり、使用済みコンドームなどを近くにおいたりして適応障害に追い込んだことがストーカー行為として、傷害罪も構成するとされた事例である。

被告人のやったことは、ストーカーだから、最初は恋愛感情をもってしたことではあるが、メールを送ったり電話を執拗にかけたり、職場のタイムカードに伝言を書いたり被害者の車のワイパーにメモをいれたり、待ち伏せして付きまとったり、といったことだった。
ところが、恋が満たされないとおもったら憎さ百倍ということで、「風の谷の被害者」とかいうサイトを開設して、被害者の実名年齢等を明らかにして、「もう一度被害者に抱きしめてほしかった。あの時のように…」「不倫でした。今も忘れない被害者の可愛い胸…いくらその胸で泣いたか…綺麗な乳首…愛し合った日を忘れない 」などというキモページを作ったというのである。
あわせて送りつけたメールが3か月で約1000通。

ちなみに被害者は当時52歳の既婚女性。被告人の年齢は書かれていない。

判決は、懲役3年の実刑である。

|

« 関西学院LSの和解室 | トップページ | komaneta:ひげってどう思う? »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45605725

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:職場のサイバーストーカー:

« 関西学院LSの和解室 | トップページ | komaneta:ひげってどう思う? »