« googleの名誉毀損幇助責任 | トップページ | jugement:対抗言論の法理により発信者情報開示請求を棄却した事例 »

2009/07/21

history自民党の歴史は日本の現代史

麻生より前の22人である。

さて問題。

この中で総理大臣になれなかった人が一人だけいる。

この中で退任後に逮捕された人が一人だけいる。

この中で就任前に逮捕された人が二人いる。

この中で指揮権発動により逮捕を免れた人が一人だけいる。

この中で在任中死亡した人が一人だけいる。

この中で国会で一度も演説をしなかった人が一人だけいる。

この中で一人内閣を組織した人が一人だけいる。

この中で修士号を持つ人が一人だけいる。

この中で実の兄弟が一組だけいる。

この中で実の親子が一組だけいる。

この中で祖父・孫の関係が一組だけある。

この中で内閣不信任案が可決された人が二人だけいる。

この中で衆議院議員の任期満了選挙を行った人が一人だけいる。

この中で支持率が5%台を記録した人が一人だけいる。

この中で女性スキャンダルが辞任につながった人が一人だけいる。

この中でノーベル賞を受賞した人が一人だけいる。

いくつ答えられるかな?

|

« googleの名誉毀損幇助責任 | トップページ | jugement:対抗言論の法理により発信者情報開示請求を棄却した事例 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

だいたい回答がわかりましたが、
「この中で在任中死亡した人が一人だけいる。」というのは、大平正芳か小渕恵三の二人いるように思うのですが・・・・・・どちらかは亡くなられる前に退任されたんでしたっけ?!

投稿: ぞう | 2009/07/22 10:31

小渕首相が、意識不明なのになぜか森氏を後継指名したということで、疑惑密室の政権委譲が有名となりましたね。

小渕さんがお亡くなりになったのは、森内閣になって約1か月後のことでした。

投稿: 町村 | 2009/07/22 12:30

大平氏は解散後、選挙戦の最中にお亡くなりになっていますが、法律上は在任中ですので、現職首相の死亡として扱うべきでしょうね。

投稿: こう | 2009/07/22 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45703391

この記事へのトラックバック一覧です: history自民党の歴史は日本の現代史:

« googleの名誉毀損幇助責任 | トップページ | jugement:対抗言論の法理により発信者情報開示請求を棄却した事例 »