« 消費者庁は9月発足 | トップページ | history自民党の歴史は日本の現代史 »

2009/07/21

googleの名誉毀損幇助責任

名誉毀損ページへの検索アクセスを可能にすることが民事責任の根拠となるかどうかについて、イギリスではグーグルの責任を否定する判断が示されたと報じられている。

CNET Japan:英判事、検索結果をめぐる名誉毀損訴訟でグーグルに有利な判決

判決文はこちら

日本でも、検索エンジンに対する法的手段により誹謗中傷サイトへの対策をしようという動きはあるが、また中国にへなへなとなるグーグルにそういう手段を使いたくもなるのだが。

|

« 消費者庁は9月発足 | トップページ | history自民党の歴史は日本の現代史 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

グーグルの場合、大本が名誉毀損発言を削除してもなお。グーグルキャッシュを用いて積極的に名誉毀損を継続したがりますから、幇助ではなく正犯だと思います。

投稿: 小倉秀夫 | 2009/07/21 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45695972

この記事へのトラックバック一覧です: googleの名誉毀損幇助責任:

« 消費者庁は9月発足 | トップページ | history自民党の歴史は日本の現代史 »