« politique:政治倫理審査会 | トップページ | arret:同時履行の抗弁が信義則に反し許されないとされた事例 »

2009/07/17

arret:担保権実行は「強制執行」(刑96条の2)

最決平成21年7月14日PDF判決全文


中身も興味あるが、判決文も一見の価値がある。これなら司法のしゃべり過ぎなどといわれることはあるまい。

  主 文
本件上告を棄却する。
  理 由
弁護人信岡登紫子,同小田幸児の上告趣意は,違憲をいう点を含め,実質は単なる法令違反,事実誤認,量刑不当の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。
なお,刑法96条の2にいう「強制執行」には,民事執行法1条所定の「担保権の実行としての競売」が含まれると解するのが相当であるから,これと同旨の原判断は相当である。
よって,刑訴法414条,386条1項3号により,裁判官全員一致の意見で主文のとおり決定する。
(裁判長裁判官甲斐中辰夫 裁判官涌井紀夫 裁判官宮川光治 裁判官櫻井龍子 裁判官金築誠志)

まるで判例六法に載っている要旨のようだ。

|

« politique:政治倫理審査会 | トップページ | arret:同時履行の抗弁が信義則に反し許されないとされた事例 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/45656760

この記事へのトラックバック一覧です: arret:担保権実行は「強制執行」(刑96条の2):

« politique:政治倫理審査会 | トップページ | arret:同時履行の抗弁が信義則に反し許されないとされた事例 »